稼げるの新世代SNS『Tsu(スー)』誕生!登録するなら今しかない!!

ここでは、「稼げるの新世代SNS『Tsu(スー)』誕生!登録するなら今しかない!!」 に関する記事を紹介しています。
【本日のおすすめ記事】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、こんにちは。ハッセーです。

今日は巷で話題の新世代SNSの紹介です。

何を隠そう私自身もついさっき知って、早速登録してきましたwww

『Tsu(スー)』

これがそのSNSの名前なんですけどね。

※『Tsu(スー)』の設定マニュアル(日本語版)はこちら

先月2014年10月にアメリカで誕生したSNSです。
基本的な機能は正直に言って、Facebookとほとんど一緒ですw

なら何故わざわざFacebookやTwitterが流行っているときに
話題になるのかというと・・・

広告報酬が得られます!!
厳密に言うと、SNS上で発生した広告収入のうち10%が運営会社に、
90%が私たちに還元されるといった仕組みです。



『Tsu(スー)』のコンセプトは、
ネット上でユーザーが投稿した記事によって集客、発生した広告収入を
運営会社が独占している現状はおかしい!!
といったものです。



金銭が絡んでくると、不安もあると思います。

しかし、『Tsu(スー)』は招待制となっています。

既存のユーザーからの招待、もしくは適当に誰かを招待元に選ぶことでしか
登録することができないため信頼性は高いと思われます。

私が持つ招待URLはこちら。


またこれら招待制のシステムにもちゃんと意味があります。

自分の招待URLで『Tsu(スー)』に招待することで増えた会員(3世代先まで)の
報酬の一部が自分にも還元されるという仕組みがあります。


このシステムを搭載すると、他人の紹介で『Tsu(スー)』を始めると
報酬の一部が奪われるといった誤認が生まれ、単独で登録する
人が続出すると思われます。

そうなると『Tsu(スー)』の紹介自体が行われなくなっていくと危惧したための
招待制という面もあるのではないでしょうか。


実際に登録してみて、設定してみましたがやはりほぼFacebookですねwww

日本でも『Tsu(スー)』が流行することは、報酬が発生する面から見ても
時間の問題と思われますので、是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか?


登録画面が英語になっているので、簡単な日本語訳付の登録マニュアルも
用意しておきます。⇒『Tsu(スー)』設定マニュアル(日本語版)


登録画面へはこちらをクリックしてください。




アクセスランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iseburaritabi.blog.fc2.com/tb.php/82-ae017c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。