私がそれでも伊勢市に住み続ける、その魅力を5つにまとめて語ります!

ここでは、「私がそれでも伊勢市に住み続ける、その魅力を5つにまとめて語ります!」 に関する記事を紹介しています。
【本日のおすすめ記事】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、こんばんは。ハッセーです。
今日は流行りの「私がそれでも○○に住み続ける」の記事を書いてみます。
伊勢市はまだ誰も書いていないと思うのですが既出だったら申し訳ないw

ではでは
私がそれでも伊勢市に住み続ける、その魅力を5つにまとめて語ります!

①全国随一の神社『神宮(伊勢神宮)』がある。
伊勢神宮鳥居前④ - コピー
2013年は20年に一度の大祭『式年遷宮』が行われて、出雲大社と共に全国から
注目を浴びたこの伊勢神宮の存在だけでも魅力が尽きませんよね!
元から観光地として人気でしたが、昨今では全国随一のパワースポットとして
さらなる人気を博しています。そんな神聖な地にいつでも足を運ぶことができる
というのは大きなメリットだと思います。

②新鮮な海の幸が美味過ぎる!!
海の幸
伊勢神宮を流れる五十鈴川の先に広がる伊勢湾。
そこで獲れた魚介類の美味しいことこの上なし!!
天然物はもちろん、近年漁獲量制限が設けられるなど心配されている
マグロの養殖も行っており、『伊勢マグロ』ブランドとして昨年出荷が開始!
魚だけでなくアサリ・ハマグリなどの貝類、伊勢海老・車海老などの甲殻類、
様々な海の幸を味わうことができます。

③海と山の両方を楽しむことができる!
海と山
伊勢市は「右を向けば海!左を向けば山!」といった自然豊かな地形を持っています。
幼少期にはその自然に包まれて育つことで、自ずと外で遊ぶことが増え、たくましい
子供に育つと共に、休暇時のレジャーとしても自然と触れ合う釣りやキャンプなどの
勉強だけでは得ることのできない体験をすることもできます。
もちろんこれを目当てに観光に来る方も多く、都会の喧騒を忘れて時間を過ごすには
うってつけの場所ではないでしょうか。

④豊富なグルメを味わうことができる!
関西でもなければ名古屋からも近からず遠からず、そんな曖昧な場所に漁師町が
あったことにより、複雑な文化が生まれたのが伊勢市です。

自宅にたこ焼き器?ありますよ(´▽`)
ひつまぶしや味噌カツ?近所で食べられるし自宅でも作ります(´▽`)

こんな感じで近隣地域のグルメが混ざり合っていたり、漁師町がある関係で
距離の離れた他の漁師町の料理が当たり前のように出てきたりします。

そんな伊勢市で「それならB級グルメは何かある?」と言われれば一押しはココ!
「まんぷく食堂」(伊勢市駅からもう一駅先(徒歩でも可)の宇治山田駅横)
ここの名物は「からあげ丼」です。卵とじの唐揚げがたっぷり乗ったどんぶりは
その店の名に恥じぬ満腹感をもたらしてくれます!
私のおすすめは店員さんに言うと出してくれるマヨネーズをかけてみてください!
これまた味に変化が付いて美味しいですよ!
実は歌姫こと浜崎あゆみさんがライブで伊勢を訪れた際に立ち寄って
絶賛されていたり、伊勢が舞台のライトノベル「半分の月がのぼる空」でも
「まんぷく亭」という名で登場していたりと、駅の脇にひっそりと構えるお店にしては
話題が豊富な大人気のお店です。

⑤みんなが訳のわからない特殊な言語を話すwww
これは住んでいる人、または訪れた人にしかわかりませんが、④でも書いた通り、
関西でもなく、名古屋でもなく、挙句の果てには漁師さんたちが遠方から言葉までも
持ち込んできたため、とても不可思議な言語を使うようになりましたwww

関西弁?いや違うな・・・。
名古屋弁?いや違う・・・。
あれ?この言葉東北の方で使われていなかったっかな?

極端に言えばこんな現象が起きてしまったわけですw
しかしそれもよく聞けば味のある訛りで、とても馴染みやすい話し方です。
大阪弁を柔らかく優しく京都弁よりにして、名古屋弁を挟みんでみたものを
イメージしてみると似たものができあがりますw漁師町ではまた独特に変化しますw


まとめ
こんな感じでいかがでしょうか?
最下部に流行りの他の「私がそれでも○○に住み続ける」記事を書いている
サイトさんへのリンクを貼っておきます。
少しでも私のサイトで楽しめたと言っていただける方がいたら嬉しく思います。
リンクの前に伊勢市のアピールということで、私の動画に関する告知を挟みます。
こちらも同じようにお楽しみいただけたらと思います。最後までありがとうございました。

***********************************
2013年12月10日より動画『海苔養殖に参加してみた』の視聴者の要望に応え、
視聴者感謝企画として『極上の焼き海苔を食べてみよう!!』ということで、
実際に私が漁業に参加した際に得た最高級の「初摘み&若芽摘みの海苔」を
特設ホームページ(http://isenori.jp)で格安で販売中です!
準備数量が無くなり次第、終了とさせていただきますのでお早目に御利用ください。
赤字にならないように少し利益が出ていますが、それは動画製作費として
還元させていただきますのでご容赦ください(;´∀`)


***********************************


「私がそれでも○○に住み続ける」記事まとめサイト紹介
週刊はてなブログさん(http://blog.hatenablog.com/entry/2014/01/23/141439
隠居系男子さん(http://inkyodanshi21.com/japan/4107/


アクセスランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iseburaritabi.blog.fc2.com/tb.php/58-bcdf66b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。