このブログは3本のメインテーマ。『式年遷宮(伊勢神宮)』これは実際に式年遷宮関連の行事に参加して、その様子をお届けしています。『おすすめ動画&主紹介』これは文字通り私の好きな動画の紹介コーナー!『漁師・漁業の様子&雑記』こちらは漁師のせがれという立場を生かした特殊なコーナーです。
【本日のおすすめ記事】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、おはようございます。ハッセーです。

今日は私が自信を持ってお勧めする中華料理屋さんを紹介します!

そのなかでも特におすすめなのが

『スーパー天津飯』



伊勢市街から夫婦岩のある二見町へ向かい、

伊勢神宮を流れる五十鈴川に掛かる汐合大橋

渡って、すぐ右側に見える「中華飯店ワスケ」。

ここは私の友人の両親が開いているお店ですが、

贔屓目無しで見ても、ここの天津飯より美味しい

天津飯に今まで出会ったことがありません!!



最初に書いておかないと、後で「なんだ、知人の店か。贔屓だろw」

なんて思われるかもしれないので書きましたが、本当に贔屓なしです!



早速写真をご覧ください!

天津飯①

ん~いまいち大きさが伝わりづらいかな?

いつも一緒に食べに行っている常連の先輩にタバコを借りましたw

天津飯②

タバコの箱を横向きに置いて、その2倍以上の直径、

そして深さも見ての通り中華スープの器を超えています。

そんな器にこんもりと盛られたご飯!!

アツアツふわふわで厚焼き玉子並の厚さのある卵!!

とろーっと優しい口当たりの餡!!

とどめのカリカリジューシーな巨大唐揚げ!!

これでなんとお値段800円!!



天津飯で800円かぁと思う方もいると思いますが、

是非一度騙されたと思って食べてみてください!

めっちゃくちゃ美味しいです!!!

そして量も半端じゃないですwww

普通サイズで600円というものもありますので、

女性は大食いに特別な自信のある方以外は

普通サイズの天津飯にしたほうがいいかもwww



でも美味しいものはいっぱい食べたい!という精神を

持っている方は是非「スーパー天津飯」を!!



式年遷宮が行われて一新された伊勢神宮へ参拝に

行く方も多いと思います。おはらい町・おかげ横丁での

食べ歩きを楽しんだ後、参拝でお腹を空かせて

訪れてみてはいかがでしょうか?



一度食べたら知人に勧めたくなるほどハマるのは

覚悟しておいた方がいいですよ!!





アクセスランキング
スポンサーサイト
みなさん、こんばんは。ハッセーです。

今日はあのお店の9周年!!

事前に記事にできれば、みなさんにも行ってもらえたのに・・・

ただ買いに行っていたらとんでもない混雑でしたけどねw



そうです。10月23日、24日は赤福と並ぶ伊勢の名物「まる天」の

別部門「手作り豚饅ウァン」の9周年キャンペーンの日です。




通常1つ180円の大ボリュームジューシー豚饅が

この二日間は本店に限り、なんと100円!!

これを聞きつけたお客さんで店舗はとんでもない混雑に

なっていたので、来年も同じキャンペーンがあるとしたら

早め早めにお店を訪れることをお勧めします。




気になる実物がこちら。

IMG_1413.jpg      IMG_1411.jpg

とってもジューシーな豚肉ベースの餡がたっぷり詰まって

生地も肉汁を逃さず、ふやけないようにやや厚めで食べ応え十分です!



コンビニの肉まんも美味しいですが、別の食べ物と考えてもいいかも!w

1つ食べれば十分満足できるだけのボリュームがあるので、

伊勢神宮参拝時に立ち寄って、お腹を落ち着かせるのにちょうどいいです。

お腹ペコペコだと2つ食べてもいいですが、そうするとおはらい町での

食べ歩きができなくなってしまう恐れもあるのでご注意くださいw(満腹のためww





アクセスランキング
みなさん、こんばんは。ハッセーです。

今年はずいぶん長い間暑さが残っていましたが、最近急に

寒くなってきましたね^^;体調には気を付けましょう。



寒くなってくると「海苔養殖」のシーズンとなります。

ということで、このブログ開設以降テーマのひとつとして

掲げられながら一向に更新の無かったテーマが動き出しますw

普段皆さんが知ることのない「漁師漁業の様子」をお伝えするべく

今冬は「漁師のせがれ」の立場を生かして「海苔養殖」の現場を

記事にしていけたらと思っています。



ただ先日大きな被害をもたらした台風26号に続いて、27号が

またしても日本に接近しているのをご存知でしょうか?

これのおかげで漁業関係者は頭を悩ませているのが現状です。



海苔の養殖とは「海面に海苔のタネ胞子)をつけた網を浮かべる」

といった手段で海苔を育てていくため、海が大荒れとなったり、

大きな流木が流れてきて網に絡まったりするとタネが落ちてしまうなどの

被害が出ます。そうなると収穫に大きく影響が出るのです。

九州東海の海苔養殖者たちには3つの選択肢が発生しています。


①「台風が来る前に網を張る」
 これは例年通りの時期に網張りを開始することで、例年と同じだけの
養殖期間を確保することが可能になります。
 しかし、その反面、網を張った状態で台風が来ることにより、海面は荒れ、
ダム放水によって流れてきた流木などによる網の損壊・タネの消失などの
リスクを背負うことになります。

②「台風が過ぎた直後に張り始める」
 こうすることで台風による被害・遅れを最小限に抑えることができます。
例年に比べ3.4日程度の遅れと流木などの被害を少し受けるでしょうが、
十分な養殖期間も確保できます。
 ただもっとも重大なリスクを背負うことになります。台風直後は、
「吹き返し」と呼ばれている強い風が残っているため海は荒れています。
つまり作業自体にリスクが発生するという事です。

③「台風が過ぎ、風も収まってから張る」
 もっとも安全かつ確実に作業を進めることができます。例年より遅れは
しますが、寒くなるのが例年より遅かったという事で、寒い期間(養殖期間)
が例年より後ろに延びる可能性もあります。
 ただし純粋に例年より1週間近く作業が遅れるという事は、その後の作業を
スピードアップしていかないと高品質の海苔の生産量が落ちてしまう可能性と
何より寒い期間が延びる保証は何もありません。


それぞれにメリット・デメリットがあり、どれを選んだから正解という訳では

ないように思えます・・・が怪我だけは避けた方がいいんじゃないかと思います^^;



こうして西日本が困っている中、千葉・宮城といった東日本の地域では

すでに網を張り終えているそうです。



西日本に比べて、水温が下がる時期が早いこの地域では、例年から10月に

入ると網を張り、そして台風がやってくるという流れを慣れているとのことです。

早い時期から始めれば養殖期間が延び、収穫量も増えます。そして台風への

対策も整っているとのことでした。これは天晴ですよね( ゚Д゚)



ただこれにも一長一短の点があり、確かに長い養殖期間を得ることは可能ですが

「台風による被害を減らすことはできるが無くなるわけではない事」

「対策を整えるための作業が増え、漁師の負担が増えること」


これらも避けることはできないのです。



長々とつづってしまいましたが、このテーマの中ではこんな記事を書いていきます。

興味ある人は少ないかな?www



動画の方でも新シリーズ『海苔養殖に参加してみた』の撮影を進めているので

こちらも併せてお楽しみいただければと思います。

それでは今日はこの辺りで失礼します。

※有明(九州)の海苔が有名ですが、伊勢の海苔も美味しいんですよ!!w







アクセスランキング
みなさん、こんにちは。ハッセーです。

今回は10月15日に行われた「神嘗祭」についての記事を

書こうと思っていたのですが・・・ご存じのとおり・・・

台風により撮影に行けませんでしたorz



そこで今回は画像はありませんが「神嘗祭」についての

説明だけでも記事にしておこうと思います。



「神嘗祭」とは「かんなめさい」と読み、6月と12月に

行われる祭りと合わせて「三節祭」と呼ばれています。

元々「五穀豊穣」「皇室の繁栄と国家の安泰」「国民の平安」を

祈って行われている伊勢神宮の祭りのなかでも特に由緒ある

祭典とされているのですが、今年のように式年遷宮直後の

神嘗祭は、そのなかでも「大神嘗祭」と呼ばれています。



実は私は参加できなかったのですが、台風で室内行事だけに

なってしまった15日の前日、14日にも前夜祭なるものが

行われていました。

「伊勢サンアリーナ」と呼ばれる、全国規模、東海規模といった

大きな行事、大会などにも使用される会場にて、本番同様の

全国の音頭や木遣りの披露などがあったようですね。

最後には締めの花火もあがっており、この花火は私の家からも

確認できました。



本来台風でなければ、伊勢市駅・伊勢神宮(外宮)の周辺を舞台に

これらの音頭が披露されます。式年遷宮同様大規模な交通規制のもと、

ものすごい活気に包まれた行事が毎年行われていますので、

来年以降、観光に行ってみようかなという方は覚えておいてください。



それでは今回はこのあたりで失礼します。

アクセスランキング
みなさん、おはようございます!ハッセーです。

今回は3日前に食事に行ってきたエビフライのお店を紹介します。



ホテルCastle Inn Iseキャッスルイン伊勢)」の一階に

鳥羽市に本店を構えるエビフライの名店が入っているのです。

その名も『さざなみ)』!!

外観こそホテルに馴染むように目立たない風に見えますが

味は絶品そのもの!

漣店外

こちらが1日限定10食の「開き大海老フライ定食」です。

ご飯とタルタルソースの御代りが自由というのが嬉しいですね!

遠い視点だと大きさがいまいち分からないのでアップにすると・・・

エビフライ定食

こうなります! ドンッ!!

エビフライ

尻尾の部分1切れがだいたい爪楊枝と同じくらいのサイズですねw

このサイズのエビフライが、画像では分かりづらいですが

なんと2枚入っている大ボリュームです!

海産物の名産地で生まれ育ったのでエビフライもお店で食べることは

多々ありましたが、正直ここのエビフライはダントツでおいしいですw

アツアツ出来立てで、衣はサクサク、中はジューシーな肉厚の海老!



これまでに「海老が好き」「海産物が好き」という知人・友人・先輩方を

何人も連れていきましたが、みんな例外なく大絶賛していました。

普段無表情でクールなイケメンというイメージを周囲に持たれている人が

これを食べて、思わず笑顔がこぼれて、とても幸せそうな顔をしていたのも

かなり印象的でしたwww



またこのお店が入っているホテルも人気があります。

最上階はホテルになっており、日替わりで男湯・女湯が入れ替わっていますが、

片方は露天風呂、片方は室内となっているので、露天に入るには運も必要ですw

3日前は平日だったにも関わらず、ほぼ満車といえるだけの車が駐車場を

埋め尽くしており、ナンバーを見る限り県外からの宿泊の人ばかりでした。

伊勢神宮式年遷宮を機に、参拝に訪れている人たちがどれだけ多いかということを

思い知らされましたので、これから行こうと思う人は早めの予約をおすすめします!







アクセスランキング

みなさん、こんばんは!ハッセーです。

記事にするのが遅れてしまいましたが、

伊勢神宮20年に一度の大祭「式年遷宮」。

締めの神事「遷御の儀」に行ってきました!



と、言っても遷御当日は参拝規制がかかるので、

参拝再開日当日に参加してきましたw



今回も参加した様子を動画にしたので、

記事の一番下にリンクを載せておきますね^^



これで式年遷宮関連の動画を作るのは終わりかな?

10月20日 出雲大社 平成の大遷宮 献華祭 かぁ・・・。

余裕があったら参戦してきますwww期待はしないでくださいw



それにしても今回遷御の儀に参加して思い知らされたのが

やっぱりすごいですね!!伊勢神宮の人気は!!!!

あれだけの人数がさらっと集まるのは素晴らしいことです。

実際に参加して感じたのが、動画の中でも言いましたが

それほど信仰だ、宗教だと興味を持っていない人でも

その場の雰囲気だけで楽しめる、感動できる、そんな

行事なんだなぁと感じました。

テレビでご覧になった方も多いだろうと思いますが、

日本中が注目していた意味をやっと理解したような気がしますw



動画の最後におはらい町おかげ横丁の紹介と

次回シリーズの告知が入っているので、

是非最後まで見ていただければと思いますw

次回はついに「漁師のせがれ」の本領発揮?!www





アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。